シアリスとタダリフトが一緒ってホント!?ED治療薬の本音

シアリスとタダリフトが一緒ってホント!?ED治療薬の本音

シアリスジェネリックの利点と欠点

国内でも広くジェネリック医薬品が普及し、患者本人が先発薬と後発薬を医師あるいは薬剤師と相談する事で選択出来る時代となり、先発薬と同一成分を使用し低価格で投与出来る後発薬は長期の服用が必要な治療の為、難治性の病気で治療薬が高く投与継続による負担の軽減などをする事ができ、医療費削減を目的に国も販売促進には協力的になっています。
後発薬が誕生するには、多くの期間がかかり製品によっても異なりますが大体15~20年程度と言われこれを特許期間といい新薬には必ず設けられる期間で研究開発をした製薬会社が販売を独占する事が出来る権利であり、研究から販売するまでには莫大な資金を必要とするのでそこまでにかかった費用を回収する期間として設けられています。
日本に限らず、世界特許加盟国であればどこの国でも同じ様な期間が先発薬には設けられており、男性の方が投与する健康保険の適応がないED治療薬なども多くの製品は登場し海外から輸入する事で服用を行う方も少なくありません。
低価格である事は服用する男性には魅力的と感じてしまうかも知れませんが、最新のシアリスからもシアリスジェネリックが登場しておりタダリフトやタダシップなどの製品がありますが、これらは全てインドの製品であり先発薬は2007年の登場なので現在も特許期間中であり本来は製造する事が出来ませんが、なせ市場に出回っているかというとインドは国際特許加盟国ではなく期間に関係なく成分を同一にし製造する事ができ、異なるのは剤形でありシルデナフィルの成分量等も50mgとなります。
シアリスジェネリックとは、正確にはED治療薬シアリスのコピー商品として扱われ、先発薬同様に長時間作用や服用前後の食事に左右される事はありませんが、剤形が異なるため体内に取り込まれた際に溶け出しまでの時間や効き方、異なる副作用が発現する可能性もあり、男性の方が望む効果とは異なる事が起こってしまう場合もあり、成分同一の低価格を売りに市場に出回っていますが、服用にはそれなりの危険性も含みさらには自己判断での服用そして万が一の場合でお自己責任となるのでタダリフトやタダシップの服用中の方や検討している方は起こるリスクを再認識する必要があります。